二重目的語をとれない動詞

explainは意味から考えて二重目的語をとれそうに思ってしまう。

 しかし、sayと同様、二重目的語はとれない(第4文型にはできない)ので、間接目的語の前には前置詞toが必要だ。

 同じく間接目的語の前に前置詞のtoを必要とする動詞はsuggest「~を提案する」announce「~を発表する」、admit「~を認める」、mention「~だと言う」、express「~を表現する」、propose「~を提案する」、remark「~を述べる」、inform「~を知らせる」、confess「~を白状する」、など、基本的にsayと同じように、〈考えを話す〉という意味を持つ動詞が多い。

 これらの単語の頭文字をくっつけて、「SAME PRICE 余分無し(第4文型はとらない)。」と覚えよう。