5文型

5文型の見分け方

1. まずはM(Modifier)を見分ける。Mは無視して考える。

a. 時間、場所を表すもの。

b. 前置詞+名詞の部分。

c. 副詞 → 動詞を修飾するもの(多くは~lyで終わる)や形容詞を修飾するもの。

2. 節(接続詞+S+V~)は一つのかたまりと考える。

3. 動詞の種類を見分ける(特定の動詞は特定の文型でしか使われない)。

第2文型に使われる動詞はbe, become, growなど少数です。また第4文型に使われる動詞もgive, tell, teachなど決まった動詞に限定されます。ただし4文型に使えない動詞としてexplain, introduce, suggestなどがあります。

4. 入試レベルで問題になるのはほとんどが第5文型の文です。

I found the book easily.とI found the easy book.のような違いがわかることが基本です。

第1文型 SV

動詞は自動詞に限られる。(自動詞→動詞+前置詞+名詞の形になるもの)

He swims every day. (every dayの部分はM)

第2文型 SVC (S=C)

動詞はbe動詞など少数。その他にbecome, feel, look, seem, tasteなど。

John is my friend. (John = my friend)

He looks young. (He = young)

第3文型 SVO (S≠O)

We play tennis after school. (We ≠ tennis, after schoolの部分はM)

He game a book to me. (He ≠ a book, to meの部分はM)

「~をto~に」の言い方でtoの代わりにforを用いる主な動詞はget, buy, make, cook, findなど。

第4文型 SVOO (O≠O)

「~に~を」の形の文、動詞はgiveのように「与える」という意味を含むもの。

※「英語に鬼(~を~に)はいない」と覚える。

He gave me a book. (me ≠ a book) (= He gave a book to me.)

He teaches us English. (us ≠ English) (= He teaches English to us.)

He teaches us English. → He teaches English to us.のように「~に~を」を「~をto~に」と書き換えられる(第4文型から第3文型への書き換え)。

第5文型 SVOC (O=C)

They call him John. (him = John)

He always keeps his room clean. (his room = clean)

I found the question easy. (the question = easy)