仮定法

1. 仮定法の文の作り方

①事実に反することを述べる(事実と比べて肯定文→否定文、否定文→肯定文にする)。

②時制を1つ下げる(現在→過去、過去→大過去、現在完了→過去完了)。

※過去完了は大過去と同様、had + 過去分詞

※事実が存在するのは現在or過去に限られるので、仮定法では過去、大過去で表すことになる。

2. If S + V…, S + would (could) + 原形 ~. 「もし…なら、~だろう」

(1) If S + V(過去形)…, S + would (could) + 原形 ~.
「(現在)~なら、(現在)~だろう」

If I were not poor, I could buy the car.

「(現在)貧乏でなければ、(現在)その車を買えるだろう」

※仮定法は主語に関係なくbe動詞はwereを用いる。

※「~だろう」の部分は「~だろう」と言う意味の助動詞(would, could, mightなど)が必ず必要。

(2)If S + had + 過去分詞…, S + would (could) + have + 過去分詞 ~.
「(あの時)~だったら、(あの時)~だっただろう」

If I had not been poor, I could have bought the car.

「(あの時)貧乏でなかったら、(あの時)その車を買えただろう」

「(あの時)~だっただろう」の部分は「~だろう」と言う意味の助動詞(would, could, mightなど)が必要なので、そのままでは大過去、過去完了にはできない。なので、would have+過去分詞のような形にする。

(3)If S + had + 過去分詞…, S + would (could) + 原形 ~.
「(あの時)~だったら、(現在)~だろう」

If I had gone to bed early, I could stay awake.

「(あの時)早く寝ていたら、(現在)起きていられるだろう」

3. I wish (that) S + V ~ 「~ならなあ」(= If only S + V ~ )

(1) 「(現在)~ならなあ」

I wish (that) I could ski.

「(現在)スキーができればなあ」

(2) 「(あの時)~だったらなあ」

I wished (that) I could have helped you.

「(あの時)あなたを助けることができたらなあ」

4. as if S + V ~ (= as though S + V ~) 「まるで~あるかのように」

He talks as if he knew everything.「彼はすべてを知っているかのように話す」

He talks as if he had seen a ghost.「彼は幽霊を見たかのように話す」

5. 未来、真理(事実に相当すると考える)に対する仮定(未来のことを仮定する)

(1) If S + should.., (万一~なら…)

If it should rain tomorrow, we would (will) not go fishing.

「(雨が降る可能性はまずないが)明日、万一雨が降れば、魚釣りには行かないだろう」

(2) If S + were to .., (可能性0%の場合の真理に対する仮定に使う)

If the sun were to disappear, all living things would die.

「もし太陽が消えれば、すべての生き物は死ぬだろう」

※通常、未来には事実がないので仮定法ではなく時、条件を表す副詞節で表す。

(時、条件を表す副詞節の中では未来のことを現在形で表す)

If it rains tomorrow, we will not go fishing.

「(雨が降るかもしれないが)明日、雨が降れば、魚釣りには行かないだろう」

6. 仮定法の熟語

(1) It is (high) time (that) S + V(過去形) ~ = It is (about) time S + V(過去形) ~

「もう~してもいい頃だ」

It is time you went to bed. 「あなたはもう寝てもいい頃だ」

(2) 「もし~がなければ」but for ~ = without ~

= if it were not for ~ または if it had not been for ~ ⇔ with ~「~があれば」

But for your help, I would fail.

= Without your help, I would fail.

= If it were not for your help, I would fail.

= Were it not for your help, I would fail.

「あなたの助けがなければ、私は失敗するだろう」

But for your help, I would have failed.

= Without your help, I would have failed.

= If it had not been for your help, I would have failed.

「あなたの助けがなかったら、私は失敗しただろう」

With a little more care, he would not have made such a mistake.

「もう少し注意をしていれば彼はそんな誤りはしなかっただろう」

(3) 倒置によってIfを省略する言い方

If I were a bird, I could fly.

= Were I a bird, I could fly.

(4) 主語が条件を表す。

A gentleman would not do such a thing.

「紳士ならそんなことはしないだろう」